HOME > Sandberg Bass > Configurator

_______________________________

 ↑
ここをクリックして開始!(Sandbergサイトに移動します)
各シリーズの可能なオプションから、自分のデザインを選んで、コンフィギュレーション番号で注文します。
各モデル、オプションの選び方によって、他の可能なオプションが変わるため、このコンフィギュレータが用意されています。

コンフィギュレーターの使用例

矢印で(またはタッチで)ページを進めてConfiguratorの使い方を見てください。
*ご注文に利用される際は、各部の選択に誤りが無いかご注意ください。
*完成時のPDFをダウンロードするためにはブラウザーのポップアップブロックを「許可」に変えてください。

  • config1

    1.まず、「instrument」から「Bass」を選び、右利き用「Righthand」か左利き用「Lefthand」を選びます。現在「Guitar」は準備中。

  • config2

    2.「model」から使いたいシリーズを選びましょう。

  • config3

    3.ここでは「model」から「California T series」を選び、その種類から「California TT」モデルを選んだとします。各シリーズで可能なモデルが表示されます。

  • config4

    4.モデルは外形の影で表示されるので、次に「finish」からボディーの仕上げを選びます。モデルによって選択できる仕上げは変わります。

  • config5

    5.ここでは「highgloss」から選んでみます。

  • config6

    6.「highgloss」の種類が表示されるので選択します。ここでは「3-tone-sunburst」を選んでみます。

  • config8

    7.次に、「neck」でネックの各部を選択します。

  • config9

    8.「scale & strings」で4弦ないし5弦とスケール長を選択します。

  • config10

    9.「fingerboard」では指板の材を選択します。

  • config11

    10.「fretted/fretless」ではフレット付(fretted)かフレットレス(fretless)を選びます。

  • config12

    11.「inlay」では指版上のインレイを選びます。noneは「なし」です。

  • config13

    12.「headstock」では、ヘッドの仕上げをボディと同じにする「matched」かしないか「standard」を選択します

  • config14

    13.「harware」ではチューナーなどの仕上げ「hardware」と、ピックガードの種類「pickguard」を選択します。「rarewood」などではピックガードはありません。

  • config14-2

    14.ハードウェアの仕上げ「hardware」を選択します。

  • config15

    15.ピックガードの種類を選びます。

  • config16

    16.これで、各部の選択ができ、図に反映されています。各部を選びなおせます。右端に表示されているのが注文する際のコンフィギュレーション番号です。

  • config17

    17.番号の下の「Save Configuration」をクリックすると、図と注文番号をプリントしたPDFファイルをダウンロードできます。

  • config18

    18.試しに選んだ例のPDFはこの様になります。これをプリントして、お店でご注文の指定に使用します。

<-最初に戻る