HOME > ProCo

ProCo

RAT History

ミシガン州カラマズーにあるProCo Sound社の工場の、まるで洞窟のような地下施設で生まれた RAT は”アンダーグラウンドの音”を具現化する運命にありました。手作りのプロトタイプRATからはじまり、今では世界でもっとも広く使われ、最もレコーディ ングに使用されるディストーションペダルへと進化しました。

RATの進化の過程を知るには、下のRATファミリーの変遷を時系列に並べた解説を見ていただければ解りやすいと思います。個々のRATペダルがい つ作られたかをその製造番号から導き出すことは出来ません。以下を参考にしてお手持ちのRATがいつの時代のものなのかを推測できます。

“Bud Box” RAT 1978

大量生産する予定のなかった初期のRATペダルは、手作りの何の変哲もないエフェクターでした。全ての穴は手作業で空けられ、カサカサした黒いコー ティングには明るく花開くかのようなロゴがシルクスクリーンで入れられました。このペダルは12個しか作られず、その内1つがプロトタイプ、残りの11個 が製品になりました。

The Rat 1979-81

これが量産された最初のRATペダルです。このRATに個性的な見た目を与えるため、特別に厚さ20ゲージ(4ミリ弱)の金属板を使った筐体がデザ インされました。黒く塗装されたメタルの上には白いRATロゴ゙がシルクスクリーンされ、このペダルでは”EQ”は”TONE”と刻印されてました。こ の”TONE”コントロールは、後のモデルと反対、時計回りに回すことで高音域を強くすることが出来ます。

The Rat (ver. 2) 1981-83

このモデルと以前のモデルとの主な違いは、”TONE” コントロールが “FILTER” コントロールに変わったことです。この “FILTER” コントロールは時計回りに回すと高音域をカットします。Ratロゴは全て大文字だったものが”a”と”t”は小文字にされ、よりスタイリッシュなものへと 変更されました。

Small Box RAT 1984-88

いわゆる”スモールボックス” RAT へ変わったのは、本質的にはただのイメージチェンジでした。回路に変更はありませんが、筐体はより小さいものへと進化し、U字型の12ゲージ(2ミリ程 度)のプレートを二つ組み合わせたものとされました。ProCo ロゴも RAT ロゴの横に追加され、ロゴは白い四角の中に黒でシルクスクリーンされました。1986年には、ロゴは黒の上に白で載せられるように変更されました。

R2DU 1984-88

1980年代のラックマウント・ブームの中で、ProCo は R2DU、一つのラック用の箱の中に二つの RAT 回路を備えたものを世に出しました。この二つの回路はそれぞれ別々に使うことも、つないでより強くディストーションを掛けることもできました。R2DU には遠隔操作用のデュアルフットスイッチ、RFS-2が付属していました。

RAT2 1988-

RAT2 は次世代の RAT ペダルの始まりでした。筐体は以前の形と同じですが、シルクスクリーンのロゴは Lexan/Mylar の暗闇で光る蓄光加工になり、オン/オフがわかる赤色LEDも追加されました。2003年、RAT2 にも Turbo RAT がはじめから使っていた筐体と同じ、傾斜のかかったものが使われるようになりました。

仕様

入力インピーダンス 1 M ohm
入力換算ノイズ -110 dB
出力インピーダンス 1 K ohm
マックスゲイン 60 dB
フィルター 6 dB/octave low-pass

電源 9V 電池または9VACアダプター(ミニプラグタイプ)
バッテリー容量 3.0 mA/160 hours

外形 73X103.2X79.4 mm
重量 1.7 lbs (0.8 Kg)

本体¥20,000

Turbo RAT 1989-

RATが生まれて11年、Turbo RAT は RAT の音色を拡張する初めての製品として誕生しました。RAT と同じ回路でありながらクリッピングダイオードに LED が使われた Turbo RAT はよりアグレッシブな音を出します。その筐体は今では標準になった傾斜の付いたものになっています。

本体¥18,000

Vintage RAT 1991-2005

市場に ”ヴィンテージ” の波が押し寄せ、”ラージボックス” RATペダルの再販に対する需要も高まった。この Vintage RAT と元になったオリジナルRAT は、二つの方法によって簡単に見分けることが出来ます。まず、ProCoロゴが “Sound Inc.” を含まず、ペダルの裏に使い勝手のいい電池入れが備わっているものが現在中古市場で一般的に見られる Vintage RAT です。

BRAT 1997-2001

BRAT は ProCo が低価格帯のエフェクター市場に参入する皮切りになったモデルです。まだアメリカで作られている BRAT は、もっと兄貴分たちに近い音を出しますが、その箱の耐衝撃性は落ちています。BRAT は鮮やかな紫と黄色に身を包み、”EQ”コントロールは “FILTER” ではなく “TONE” と刻印されました。

Deucetone RAT 2002-

少量生産するペダル生産者たちがエフェクターの価格をぐんぐん上げていく中、ProCoはその市場で競争するため Deucetone RAT を生み出しました。これはR2DU が進化したもので、R2DU 同様一つの筐体の中に二つの RAT 回路が含まれるますが、ラックタイプではなくペダル形態です。それぞれの RAT 回路は三つの RAT サウンドを切り替えることが出来ます。Deucetone は、ギタリストに Dirty RAT と Clean RAT のセッティングを提供しました。

本体¥32,000

You Dirty RAT 2004-

Deucetone RAT の Dirty RAT セッティングの高い評判を受け、You Dirty RAT はその音をシングルチャンネルのペダルで表現しました。Turbo RATのように、You Drity RATはノーマルRATとほぼ同じ回路を持ちますが、クリッピングダイオードがゲルマニウムに変更されたものになっています。

本体¥15,000

’85 White Face RAT 2010

1988年にデビューし、ディストーションペダルの世界的スタンダードに RAT2 が成長しました。そんな中でもより古いモデルのサウンドを懐かしむファンが根強く存在し、その声に応えるべく、1985年当時に生産されていた スモールボックスRAT を限定復刻生産いたしました。

販売完了

SOLO

SOLOはRATシリーズではない、新しい世代のディストーションペダルです。
RATは何10年間ものギターミュージックのメインパーツでした。そして、 Charlie Wicksと彼のクルーは、新しくて、革命的な、何か新しいもの!を作り出しました。それがSOLOです。

最も注目に値する2つの変化は:
非対称的なクリッピング
低いワット数のヴィンテージ真空管アンプから、現代のハイワット、ハイゲインのヘッドアンプへと、効果を選択できます。これらの設定は、「HOT」、「MELT」、「BURN」と表示され、すなわち3つのディストーションペダルが1台に入っているのと同じです。
スクープ(SCOOP)
これは、ミッド・レンジをコントロールし、パラメトリックイコライザのような効果を得られます。
もう1つのTONEコントロールと組合わせて、バラエティーに富む音色を得られます。

仕様

入力インピーダンス 1 Megohm
入力換算ノイズ -110 dB
出力インピーダンス 1 Kilohm
マックスゲイン 60 dB
フィルター 6 dB/octave low-pass

電源 9V 電池または9VACアダプター(ミニプラグタイプ)
バッテリー容量 0.8 mA/600 hours

重量 1.7 lbs (0.8 Kg)

本体¥28,000

各機種のサウンドチェックはこちらで!

▲ ページTOP